FC2ブログ

東大の図書館

ブログのテンプレートを変えてみました。
雰囲気は一新して心機一転という感じですが、いまいちしっくりこない(笑)
なにかおすすめのテンプレートはありますかね?

東大の図書館について。

大学に入っても一年生の内は結構忙しい、と書きましたが、特に第二外国語の負担が大きいですね。
ですので、勉強する場所も必要。
普段は駒場キャンパスの図書館で勉強しているのですが、駒場図書館はとにかく暑い!!!
なんでだよ!?!?!?!?!?

図書館に対する投書も最近はもっぱら「図書館が暑すぎる」との内容ばかりです。
それにたいして図書館側の解答は

「節電のため冷房の温度は28度に設定しています。」

の一点張り。28度だと、もはや冷房の意味がないですよね。
実際、28度に設定した場合、室内温度は30度を超えてしまうことがあり、熱中症を引き起こす危険もある。
と専門家も言っているらしいです。
駒場図書館の職員の方でこれを読んでいる人がいたら、ぜひ温度を下げよう!!

冷房を効かせないから、本にカビが生えたとかいう噂も最近聞きますw

ところで。

最近、本郷キャンパスに行くことがたまにあるのですが、
そのときは本郷キャンパス内の総合図書館で勉強しています。

総合図書館は入口から真っ直ぐに、レッドカーペットが挽かれた大理石(らしき)の階段が伸びています。
荘厳。アカデミック。いやーかっこいいです。
でも本郷も冷房が効かずに暑いらしいですがw

でも個人的には本郷の図書館はおすすめです。
なんか勉強しなきゃ、という気にさせてくれる。
あの雰囲気には歴史を感じる、というか荘厳な雰囲気に背中を押されますね。
慣れてきたらそんなことは思わなくなるのだろうけどw

■母さん さん
まだ読んでくださっていたんですね!感激です^^
あのときいただいたコメントはずっと一年間、忘れずにたまに思い返したりしていましたよ^^
本当にありがとうございます。
娘さんも無事合格なさったのですね!おめでとうございます!
駒場は科類間の垣根が低いので授業が被ってる可能性はありますね!
ひょっとしてすでに知り合いだったりして…(笑)

■チャウコン さん
受験は長いですが、終わってみればあっという間です。
後悔の無い様に頑張ってください!
東大で待ってます^^
スポンサーサイト



静かに忍び寄る期末試験

大学生活も単調になりがちなので、ブログの更新頻度をあげます。

はい。

ということで、いよいよ来月には期末試験です。

科目によっては来月の最初のほうから試験が始まるので、もう勉強しないとやばいですね。

一年生の夏学期は、一般的にみな、たくさん授業をとります。

冬学期もまたしかり。

たいていの人は駒場の二年間で必要な単位を一年生の内にとってしまい、

二年生には必須科目だけ、という人が多いようです。

そのせいか二年生はみんな暇そうです(笑)

人によっては週に二回しか大学に来ない、とかw

いわゆる文ニートですね。

(文ニート…文2の学生は、二年の夏学期は授業が他科類に比べて少ないためニートのように暇な生活を送る)

文一は二年の夏学期から早速、法学部の専門科目の授業が始まるので、文2の人よりはコマ数は多いみたい。

しかし、一年生と比べればかなり少ない。

うらやましいですね。単純に。

現役で受かってれば俺も今頃文ニートなのになw(現役時は文2を受験して見事に散ったのだ)

バイトや部活、サークルに精を出す人も多いみたい。

しかしいくらなんでも週休4日とか週休5日だと暇すぎて死にそうですね(笑)

話は変わります。

最近ふと思うのです。

去年、東大入試に見事に落っこち、失意のどん底だったとき。

ブログのコメント欄で励ましてくれた方々。

特に印象的だったのが、僕と同じように、東大受験生の娘を持つ母親の方からのコメント。

以下、去年東大不合格の報告をした記事のコメント欄からの引用

(中略)
今回の記事を読んで、凄く感銘を覚えました。
短い文章に中に、素直に、正直に、自分を見つめ直し、
前を向いて前進しようとする姿勢に感動しました。
お母様と同じ立場である私ですが、
貴方から多くのものを学びました。ありがとう。

来年3月10日、あの味気ない(笑)ボードを、
満面の笑みで見つめる貴方が想像出来ます。
(お顔は存じ上げませんが、笑)

ブログは長期放置されることと思います。
次回、桜のテンプレートに変わる事を確信して、
再開を楽しみにしています。(^ ^)


はい。ちゃんと合格しました。このコメントをくださった方が今もこのブログを見ているかわかりませんが、

きちんと報告したかったです。

そして、まっちーさん。

この方は結構頻繁にコメントをくださっていました。

去年の夏か秋以降、コメント欄にコメントをくださることはなくなりましたが、自分と境遇が似ていて、

今でも元気にしているか気になりますね。^^

もしこのブログを見ていたらコメントください!

懐かしいなあ。

受験生、現役生も浪人生もがんばれ。夏が勝負だ!!!



支離滅裂な文章だけど、今回の更新はこれにて終了~。

東大に入学して早や3か月目 コメント返信あり

時の流れは速いものです。近況報告でも。

4月は新しい環境に慣れるのにかなり疲弊して、時間が過ぎるのが遅く感じました。
授業開始一週間後に入学式がありましたが、すでにクラスメートとも打ち解けた後に入学式があるのはなんとも変な感じでしたね(笑)それにしてもテレビにガッツリ映ってしまったのでびっくりしました(笑)

5月はまだ新歓期の延長という感じで色んなサークルや学生団体を見学してました。
結局、入学前には考えてもいなかったサークルや団体に所属することになりました。
人生は何があるかわかりませんね。

6月。今月ですか、まだまだかなり忙しいです。大学生って遊んでばかりなのかと思ったら、
みんな要領よくやって時間をつくってるのでしょうか。
確かに東大の1年生の夏学期は授業が詰まっていて2年生に比べるとかなり忙しいのは間違いないようですが(笑)

授業について。
今回は文一生の準必修科目でもある、法Ⅰと政治Ⅰの話でもしようかと思います。

法Ⅰ…法律全般について学ぶ科目のようです。水曜日の1限にあるのでなかなかきついです(笑)しかし、法律の授業なんて大学に入って初めて学ぶので、何を言ってるかわかりません(笑)ある事件(隣人訴訟)を扱ってるのですが…ノートをとるのが大変。。

政治Ⅰ…政治の話というよりも、本格的に政治学を学ぶための土台作りといった授業だ、という感じを受けます。様々な思想や論理を学ぶ、という 感じで中々面白いです。ただし、期末試験の難易度が高いと聞いたので、今から徐々に勉強していくつもりです。

受験生はそろそろ夏休みが近づいていて、勝負どころですね!
去年の今頃は浪人生だったと考えると、信じられない感じがします。
本当につらかった。つらすぎてつらすぎてしんどすぎて(笑)
でも受験の時期なんて過ぎてみればあっという間です!でもここで手を抜くと本当に最悪の結果になりかねないので、受験生は全身全霊で頑張ってください!




■RINさん
英文をパッと読んで理解できない、という悩みは私も抱えていました。
対処法はやはり音読が最善です。
ただし音読といっても、ただ英文を読むだけなら、英文の難易度にかかわらず、中学生でもできます。
意味のある音読をするためには、事前にしっかり英文の構造と意味を分析したうえで音読をしなければなりません。
意味を把握したうえで音読をしていると徐々に英文を読んだときに英語のまま意味が理解できるようになると思います。
同じ文章を何度も音読しましょう。
2、3回では甘いです。最低10回、できるなら30回とかが目安でしょうか。
音読だけだと英文の構造をしっかり把握できていないまま雑になってしまう危険もあったので、
たまに、音読後に頭の中でその英文を反芻して実際に紙に書き起こす、という作業もしていました。
これは力がついた実感はありましたね。
おすすめの参考書ですか、、、
英語に関しては参考書で勉強したことがほとんどないので何とも言えません(単語帳は除く)
やっぱり速単とDuoがメインで、あとは予備校のテキストの英文を音読していました。
今度書店に行く機会があったら参考書コーナーでいい参考書がないか探してみます^^



次こそは早めに更新したいと思います。
ブログを放置しすぎていたことを反省してます(笑)